アメリカ MLS

アメリカ MLS

Links
Wikipedia (ja)

メジャーリーグサッカー(英語: Major League Soccer、略称: MLS)は、アメリカ合衆国およびカナダのプロサッカーリーグである。 MLSは、米国およびカナダの主要なプロスポーツリーグの一つとなっている。28クラブのうち、米国が25・カナダが3クラブで構成されている。

History

アメリカ合衆国のプロサッカーリーグは19世紀から数多く興っては解散してきた。その中で最も有名なものは1967年から1984年まで存在した「北米サッカーリーグ(NASL)」で、ペレ、ヨハン・クライフ、フランツ・ベッケンバウアーといったヨーロッパや南米の主力選手を擁して人気獲得を図った。しかし球団間の実力・財政力の不均衡や、アメリカ人のスタープレイヤーが育たなかったなどの理由から興行としては失敗し、NASLは解体した。

しかし、1994年のFIFAワールドカップ開催国がアメリカに決定したことを起爆剤に、再度「一部リーグ」としてのプロサッカーリーグを開催する機運が発生し、ワールドカップ開催の2年後の1996年に10クラブによるメジャーリーグサッカー(MLS)が発足。当初は1995年発足の予定であったが資金難のために開幕が1年遅れ、1996年に開幕した。1998年から12クラブとなるが予算難から2002年に10クラブに戻す。2005年からエクスパンションが始まり、2009年には15クラブ、2010年には16クラブ、2012年には19クラブまで拡大し、2015年にニューヨーク・シティFCとオーランド・シティSCが参入することをはじめ、2023年までに計30クラブとなることを予定している。現在下部リーグとの入れ替え制度は行われておらず、USL(2010年までの2部相当のリーグ)やNASL(2011年創設の2部相当のリーグ)等のクラブがMLSに参入する場合は既存のクラブを母体に新設されたエクスパンションチームとして加盟する形となる。

まだ開幕して20年程度と言うこともあり、人気は徐々に出始めてきているものの、認知度は北米4大プロスポーツリーグ(NFL、MLB、NBA、NHL)と比較して未だ高いとはいえない。ただ、サッカーそのものの人気は非常に高まっており、2017年のギャラップやワシントン・ポストの世論調査によると、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球に次いで全米で4番目に人気のあるスポーツである。若年層や中年層の間では既に野球を超えており、近い将来に3番目の人気スポーツになることが予測されている。近年ではアイスホッケーをリードしていることから、サッカーを4大スポーツの一つにするという意見が主流になりつつある。また、ESPNの調査では、12歳から17歳の若年層の間においてのMLSの人気はMLBに並んだという結果が出ている。競技人口は2400万人を越えており、中国に次いで世界で2番目に多い国である。2014年FIFAワールドカップの試合がワールドシリーズやNBAファイナルを越えてサッカー番組史上最多のTV視聴者数を記録するなど、MLSはサッカー人気向上の基盤として多大な貢献をしている。

フォーブスの調査によると、2014年シーズンの全クラブの総収入は5億ドル弱であり、北米4大プロスポーツリーグで最も総収入の少ないNHLの20%以下である。リーグ優勝決定戦のMLSカップも注目度が高いとは言えず、全米視聴率は0%台が続いている。所属クラブ数が拡大したこともあり、シーズン観客動員数などは増加傾向にある。2015年のレギュラーシーズンの観客動員数は730万人を超えており、1試合当たりの平均観客動員数はNBAやNHLを上回る2万1546人である。また一部のチームはアメフトやカナディアンフットボールとの兼用の関係で、人工芝の競技場を本拠地としているチームもある。(他にロシアサッカー・プレミアリーグの例もある)。日本人では木村光佑が2007年にコロラド・ラピッズへ入団し、2010年には日本人として初となるMLSカップ出場およびリーグ優勝を経験、ニューヨーク・レッドブルズに移籍した2013年にはレギュラーシーズン1位となるサポーターズ・シールドを獲得した。